妻の浮気をGPSで調査!これって違法?不貞行為の証拠になるの?

妻の行動が最近おかしい、もしかして浮気してるかも…

妻の浮気を疑い始めた時、まず自分でできる調査がGPSを使った浮気調査ですね。

車にGPSを設置したり、妻にGPS機能付きの携帯を持たせたり、GPSで妻の浮気を調べる方法は様々です。

ただ、ここで2点気になることが。

GPSを使った浮気調査は違法にあたらないのでしょうか?

そもそも、GPSの情報は証拠として認められるのでしょうか?

本記事では、これらの疑問について解説しますので、これから妻の浮気をGPSで調査しようと思っている方は必見です。

GPSを使って妻の浮気を調査するのは違法?

結論から言うと、家族の共有財産にGPSを設置するのであれば違法ではありません。

たとえば、奥さんが昼間、浮気相手とどういった場所に行って行動しているか把握するために、車にGPSを設置するのは問題ありません。車は、夫婦の共有財産だからです。

一方で、奥さんのカバンにGPSを仕込んだり、他人(浮気相手)の車にGPSを取り付けたりするのは、違法にあたる可能性があります。というのも、カバンは個人の所有物ですし、他人の車は第三者の所有物だからです。

また、対象者(妻)のバックにGPSを仕込むのはリスクが高いので絶対にオススメしません。仮にGPSが仕込んだことがバレれば、結果的に警戒心を強くするだけに終わりますから。

GPSを設置しようと、他人の敷地内に入って車にGPSを取り付けると罪に問われる可能性がありますので設置箇所には細心の注意を払いましょう。

違法な箇所に設置したことがバレた場合、最悪、裁判も覚悟しておいた方がいいでしょう。

※実際、法な調査を行って訴えられたケースもあります

GPSは浮気の証拠になる?ならない?

GPSは設置場所によっては違法にならないとわかったところで、次に問題になるのがGPSの記録が浮気の証拠になるのか否か。

残念ながら、GPSの記録は不貞行為の証拠としては弱く、不十分です。

GPSの記録でわかることは奥さんが行った場所であって、その場所に誰と何をしたかまでもわかりません。

仮に、ラブホテルの近くに車が止まっていた履歴があったとしても、ラブホテルに入って不貞行為を行ったと推測できませんよね。

つまり、GPSの記録は「浮気があったかもしれない」と推測される状況証拠にしかならない、ということです。

ただ、GPSの記録が全く無駄かと言われるとそうとも限りません。使い方によっては大きな武器になることもあります。

GPSの記録は使い方によっては大きな武器に!

GPSの記録は決定的な証拠にはなりえませんが、奥さんの行動パターンを把握したり、浮気の場所を特定するためには使ったり、決定的な証拠を掴むための間接的な材料としてはとても役立ちます。

浮気の決定的な証拠は、あくまで肉体関係がわかる証拠であり、それは浮気相手と一緒にラブホテルへ入る写真や動画などのことをいいます。

友人に協力を依頼するにしても、探偵に頼むにしても、ある程度、浮気の確証が合った方が、成功率が高まります。

もし、現段階で浮気に関わる情報が全く掴めていない…という方は先にGPSを使って、ある程度浮気の確証を持ってから、友人や探偵の力を借りて決定的な証拠を集めれば効率的ですね。

日中時間が取れない、離婚はする気はなく夫婦関係の修復を目指していていて、ある程度確証あるのであれば、先に探偵へ依頼するのもアリかもしれません。

その方が労力かつ時間を無駄にすることなく調査できますし、何より違法をおかすリスクがなくなります。

復縁目的の浮気調査であれば、裁判で使える証拠までは必要ないので、平均1日〜5日で調査が完了し、離婚・慰謝料請求の証拠集めよりも費用は安く済みます。

【参考】探偵はGPSを取り付けても大丈夫なの?

探偵は、探偵はあくまで、一般人と何の違いもありませんので、特別に第三者の所有物にGPSを取り付けていいわけではありません。

では、探偵が浮気調査でGPSを使うと違法になるということになるのかというと、一概そういうわけではありません。

探偵が夫婦の共有財産にGPSを設置する場合、配偶者(あなた)の承諾を得て取り付けるのであれば問題ありません。

ただ、赤の他人のGPSを設置して追跡すれば違法となりますので、探偵であっても浮気相手の車にGPSを設置することはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です