【詐欺注意】悪徳探偵社の見分け方|浮気調査が絶対に失敗するぞ!

日本では5,000以上の探偵社があると言われていますが、全ての探偵社が信頼できる探偵社というわけではありません。

中には、詐欺やぼったくり、違法な調査を行う探偵社があるのも事実です。

お金をもらうだけもらって調査は一切しない探偵社

追加料金で高額な費用を請求する探偵社

浮気調査の証拠を使って対象者を恐喝する探偵社

依頼者としては絶対にそんな探偵社には引っかかりたくないですよね。

そこで本記事では、悪徳探偵社と信頼できる探偵社を見分けるポイントを解説します。

悪徳探偵社が存在するのは事実です

上のグラフは国民センターに寄せられている探偵社への相談件数です。グラフを見ると、年々、相談件数が増加していることがわかります。

その相談内容というのは

  • 契約や解約に関するトラブル
  • 料金に関するトラブル
  • 調査内容に関するトラブル

が多いと言われています。

不安を煽るようなことを言うわけではないですが、今でも探偵社と依頼者のトラブルが絶えないのは事実であり、業界特有の”不透明さ”を利用して詐欺を働く悪徳探偵社が存在するのです。

ただ安心してください。悪徳探偵社には大きな特徴があるので見分けられないことは決してありません。悪徳探偵社を見分けられれば、トラブルを事前に回避し、浮気調査を成功に導くこともできます。

【相談する前】悪徳探偵社を見分けるポイント

探偵業届出書を提出しているか

探偵業を営む際、警察署経由で公安委員会へ届出をしなければなりません。その届出が探偵業届出書です。届出書を提出後は探偵業届出番号が発行されます。

届出書が提出されているか否かは、HPに記載されている探偵業届出番号で確認ができます。

多くの探偵社は、探偵業届出番号をHPの上部や下部、会社概要のページに記載されています。

届出を提出にしていなければ、HPに記載は一切ありません。

もし、記載されている番号を疑うのであれば、業界団体のHPで登録業者か否かチェックしておくと安心です。

誇大広告ではないか

探偵社の広告が誇大広告ではないか確認することで悪徳探偵社が見分けられます。

たとえば、「調査成功率100%」「必ず広告させます」といった誇大広告と思われるようなものがあります。

浮気調査というのは、調査日時に対象者が病気になったり、急な出張が入ったり、不測な自体が起きることもありますので、100%と言い切れることはないでしょう。

そもそも、「成功」の定義は探偵と依頼者の認識が間違っている場合もあるので、そういったことも考慮していない探偵社は信用しない方が賢明でしょう。

料金体系が不透明ではないか

料金体系が明確か否かも悪徳探偵社を見分けるポイントです。

探偵社によっては、あえて料金体系を複雑にしているところもあれば、料金に関する必要最低限のことを記載していないところもあります。

料金体系が不透明だと探偵社と依頼者の認識にズレやすくなるので、それだけトラブルも起きやすいです。

たとえば、調査終了後に高額な追加料金を請求されたり、自分の知らないオプションがついて費用が上乗せされてしまったり、依頼者が思っていた金額と全く異なるケースもあるでしょう。

逆に言えば、本当に信頼できる探偵社は料金体系が透明化されていてわかりやすいです。

料金が適正価格に設定されているか

依頼者が一番気になるところが探偵費用ですよね。

費用を抑えるために、なるべく安い探偵社を探している人も多いと思いますが、その料金が本当に適正価格であるか見極める必要があります。

一般的に、浮気調査の相場は1名1時間5,000円〜10,00円と言われています。

たとえば、1名1時間20,000円、30,000円が相場を大きく上回る探偵社は避けた方がいいのは当然のことですが、1名1時間2,000円は相場を大きく下回る探偵社にも注意しましょう。

安すぎる探偵社は、人件費を削っていて調査力に乏しかったり、オプションが高額であったり、最悪の場合、お金だけもらって調査はしないような探偵社である可能性もあります。

料金が料金だけに、料金が安い探偵社を探してしまう気持ちはわかりますが、安すぎる価格と良心的な価格を見極める必要があります。

行政処分を受けていないか

探偵業を行う際は、公安委員会が規定している法律に基づいて行わなければなりません。

仮に、それに反した行動を取った場合は行政処分(営業停止命令や営業廃止命令など)を受けることになります。このような行政処分を受けている探偵社は避けた方がいいでしょう。

行政処分を受けているか否かは、警察庁のHPで確認することができます。

【相談する時】悪徳探偵社を見分けるポイント

相談員がやたら煽ってきてはいないか

探偵社に相談する際、「早くしないと大変なことになりますよ?」といった不安を煽ったり、脅迫に近い言動で無理やり契約をさせようとする探偵社とは契約しない方が無難でしょう。

確かに、夫婦関係の修復を目指すのであれば早めに手を打つ必要はありますが、皆が皆そういうわけではありません。

「果たして、自分の場合は本当に大変なことになるのか?」「1日すら考える猶予はないのか?」といったことを考えれば答えは明らか。

これはこの業界に限った話ではなく、あまり利口ではない営業マンが勧誘のために使う手法でもありますので、冷静に考えて、自分が納得してから契約するようにしましょう。

違法な調査を行うと言っていないか

探偵ができることは、基本的に”尾行”、”張り込み”、”聞き込み”の3つです。

これらの調査方法以外を用いようとしている探偵社には依頼しない方が無難です。

たとえば、盗聴器を仕掛けたり、対象者の車にGPSを設置したりするのは、全て違法行為です。

また、浮気相手と別れさせるための行為(別れさせ工作)や復讐を代わりに行うことも違法行為になります。

そして、探偵社が行った違法行為は、依頼者側も罪が問われることもありますので、この点は要注意です。

途中経過の報告が一切できないと言われる

相談の際、途中経過の報告が行われるか確認しておきましょう。

通常であれば、相談員もしくは、調査員から直接途中経過の報告をしてくれるのですが、途中経過の報告を一切しない探偵社も存在するようです。

途中経過の報告をしないということは、途中経過を報告すると支障がきたすことがあるともいえます。

たとえば、途中経過を報告をしなければ、調査をしていないことがバレませんし、調査が失敗した時にもみ消すこともできます。

途中経過を報告しないことは、悪徳探偵社にかなり都合がいいことなのです。

オフィスは存在するか

実際に相談する際、まず気をつけてみておきたいのは相談場所です。

相談場所が喫茶店やファミレス、カラオケボックスなどで相談しようとする探偵社は、オフィスを持っていない可能性があります。

オフィスがないところだと、広告や宣伝、営業だけ行って、後は下請け業者に丸投げしているところもあり、責任の所在が曖昧になりやすいです。

また、何かしらの事情で連絡したい時やトラブルが起きた時、オフィスが存在しなくて所在がわからなければ不都合なことも出てきます。

契約書の交付や重要説明があるか

探偵業法では、重要事項の説明と利用目的の提示、契約書の交付が義務付けられています。

重要事項の説明をきちんとしてくれないところだと、契約前に知られたくないことがあるとも捉えられますし、契約書の交付をしなければ口約束同然なので、探偵社のやりたい放題です。

また、探偵社は違法性がある調査内容は請け負えないので、利用目的を聞かない探偵社にも注意しましょう。

自分では悪徳業者を見分けられない…そんな人でも大丈夫!

ここまで、悪徳探偵社の見分け方を見てきましたが、本当に悪徳探偵社じゃないか心配…信頼できる探偵社を自分では見つけられない…という人もいると思います。

初めての経験であれば当然のことだと思いますし、業界が業界だけに、いくら頭でわかっていても不安や心配がつきませんよね。

また、悪徳探偵社に騙されれば、浮気調査が失敗するのはもちろん、高額な費用が無駄になってしまいます。

 

そこで提案したいのが、探偵紹介サイトを上手に活用して、悪徳探偵社と信頼できる探偵社を見分けながら、効率よく信頼できる探偵探す方法です。

探偵紹介サイトというのは、探偵と依頼者をつなぐ仲介サービスのことです。

探偵紹介サイトのいいところは、単に厳選された探偵を紹介してくれるだけでなく、探偵の選び方やポイントなど、探偵や浮気調査に関する相談が何度でもできることです。

もちろん、紹介してくれる信頼できる探偵社の中から選でもいいですし、相談をするだけして後は自分で探偵探しをすることもできます。

つまり、探偵紹介サイトを使えば、業界に詳しい専門家のアドバイスを直接聞きながら安心して探偵選びができる、ということです。

ちなみに、登録・利用料は0円なので、自分が使いたいだけ使い倒すことができます◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です