探偵に浮気調査を依頼するメリット・デメリット|なぜ皆は探偵を頼るのか

「浮気調査ぐらい自分でも出来るのでは?」

「高額な費用を払ってまで浮気調査を依頼する価値あるの?」

こう考えている人もいるかもしれませんが、実際は探偵に浮気調査を頼む人は大勢います。

実際、探偵の仕事の7割以上が浮気調査と言われていて、大変需要がある仕事なのです。

では、探偵に浮気調査を依頼すると、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

探偵に浮気調査を依頼する”メリット”

まずは、浮気調査を依頼するメリットの一覧を見てみましょう。

  • 法的に有効な証拠が得られる確率が高い
  • 自分が調査できない曜日・時間帯でも調査が可能
  • 対象者に面が割れていない
  • 違法を犯すリスクをなくなる

法的に有効な証拠が得られる確率が高い

当たり前のことですが、調査のプロが取ってきた証拠と素人が取ってきた証拠は歴然の差です。

それは機器の差もありますが、調査の経験、尾行、張り込みのテクニックなど、様々な要因があります。

特に、離婚や慰謝料の請求となると証拠の質は非常に重要で、質が悪ければ証拠として認められないケースもあります。

また、探偵に依頼すれば、調査完了後に調査報告書がもらえますが、それは裁判でも使える証拠の1つになります。

自分で調査できない曜日・時間帯でも調査が可能

自分で浮気調査するとなると、浮気の日時に合わせて予定を空けておかなければなりません。

休日や祝日の調査であれば、予定を明けやすいかもしれませんが、仮に浮気が平日に行われている場合はどうでしょうか。

妻の浮気調査の場合は、平日の日中は仕事に出ているわけですから、自分で調査を行うことは、会社を休まない限り不可能ですよね。

仮に、平日の夜に浮気が行われていたとしても、仕事が終わってからすぐに目的地に向かって、奥さんを見つけ出して、そこから尾行して、浮気の現場を押さえて…といった一連の作業を自分一人で行うことは果たして可能でしょうか。

対象者に面が割れていない

自分で浮気調査するとなると尾行が必ず必要になりますが、自分は面が割れているわけですが、かなり慎重にならなければなりません。

面が割れている状態で尾行をすればバレる確率が上がるのは言うまでもありませんが、考えておかなければならないのはバレてしまった後のことです。

1度尾行がバレてしまうと対象者の警戒心が高くなるのは必然的。スマホのロック解除方法を変えられたり、メールが消されたり、レシートなどが全て捨てられたり、浮気の情報源となるものが一切なくなります。

その状態からもう一度浮気の証拠集めをしようと思っても、証拠が集められる可能性が非常に低くなります。実際、浮気調査のことが1度バレている場合は調査を引き受けてくれない探偵社もあるほどで、調査のプロでも失敗した後の証拠集めは困難なのです。

そして、証拠が集められなければ、離婚や慰謝料の請求は難しくなるのはもちろん、浮気の真実は闇の中。

違法を犯すリスクがなくなる

探偵は、”尾行”、”張込み”、”聞込み”の3つを駆使して浮気調査をしているわけなのですが、なぜこのようなアナログな調査をしているのかというと、これ以外の方法で調査しようとしたら違法になるからです。

たとえば、車に発信機を設置したり、盗聴器を設置したり、浮気相手のマンションへの侵入など、これらのことは全て違法になります。

探偵のできること・できないこと|浮気調査はどうやって調べてる?

2017.05.20

もし仮に、自分で浮気調査をして違法を犯した場合、最悪、訴える側から訴えられる側に立場が一気に逆転することは言うまでもありませんね(※実際、違法な浮気調査で訴えられた事例もあります。

これは、自分で浮気調査を行う最大のリスクであると同時に、探偵に浮気調査を依頼する大きなメリットでもあります。

探偵に浮気調査を依頼する”デメリット”

続いて、探偵に浮気調査を依頼するデメリットの一覧を見てみましょう。

  • 高額な費用がかかる
  • 信頼できる探偵社を見分ける必要がある
  • 必ず証拠が入手できるわけではない

高額な費用がかかる

探偵に浮気調査を依頼する最大のデメリットとも言えるのが、調査にかかる費用ですね。

浮気調査では、調査員1人1時間あたり5,000円〜15,000円の費用が必要になり、それに加えて車両費や交通費、諸経費などの料金もかかってきます。

1日で調査が終わって費用が抑えられるケースもありますが、少なく見積もっても10万円以上はかかると思っておいた方がいいでしょう。

妻の浮気調査の費用相場はいくら?良心的な探偵社の場合はどれくらい?

2017.05.22

信頼できる探偵社を見分ける必要がある

国民センターに寄せられる、探偵社と依頼者とのトラブル相談件数は年々増加傾向にあり、残念ながら、探偵社の中には悪質な探偵社も少なからず存在します。

そのトラブルというのは、金銭的なトラブルや契約・解約に関するトラブル、調査内容に関するトラブルなどが挙げられます。具体的には、お金だけ受け取ってロクに調査もせずに適当な報告書だけ作成する、といった悪質な探偵社もあると報告されています。

浮気調査を成功させるためには、悪質な探偵社と信頼できる探偵社を見分ける必要性があります。

【詐欺注意】悪徳探偵社の見分け方|浮気調査が絶対に失敗するぞ!

2017.05.24

必ず証拠が入手できるわけではない

妻が浮気する日時がわかっていれば、ほぼ高確率で浮気の証拠ができますが、「何となく浮気をしている気がする…けど確証がない…」といった不確実な情報しかない場合は、それだけ証拠が入手できる確率も下がります。

調査した日が浮気をしていないケースもありますし、そもそも浮気がシロの可能性もあります。

もし証拠が入手できなくても、基本的には払った費用は返ってきません。

「結果が出なければ0円」といったような成功報酬型の探偵社であれば、料金が発生しないケースもあります。

【まとめ】探偵は浮気調査のリスクを背負ってくれる

ここまで、探偵に浮気調査を依頼するメリット・デメリットを見てきましたが、あなたは探偵に依頼するだけの価値は感じましたでしょうか。

有利に離婚の話を進めたい、慰謝料請求したい場合は、ほぼ必然的に浮気の証拠が必要になってきますので、それだけ探偵の役割も大きいです。

また、夫婦関係の修復したい場合でも、浮気の証拠を持っていれば、浮気相手と一緒になるための身勝手な離婚の申し出を未然に防ぐことができて、結果的に修復のきっかけになります。

繰り返しになりますが、一度浮気調査がバレると証拠の入手が非常に困難になる上に、自分で浮気調査をして違法を犯した場合、最悪訴えられる可能性もあります。

そして、探偵はそういった浮気調査のリスクを全て背負ってくれているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です