浮気調査の適正人数は?探偵の水増しには要注意!!

依頼者からすると浮気調査で必要な調査員の人数は関係ないように思えますが、そんなことは決してありません。

浮気調査では人数が1人変わるだけでも料金が大幅に変わりますし、中には調査員を水増しする悪質な探偵社もありますので、依頼者であったとしても調査員の人数を理解しておく必要があります。

本記事では、浮気調査における調査員の適正人数をわかりやすく解説しますので、探偵に相談しに行く前にぜひ理解しておきましょう◎

浮気調査の適正人数は?

結論から言うと、浮気調査の適正人数は2名〜3名です。

なぜ、1名ではなく、2名〜3名の調査員が必要なのかというと、浮気調査の失敗するリスクを回避するためです。

浮気調査は尾行と張り込みが基本となりますが、調査中は対象者から片時も目を離すことはできず、対象者を見失う事態を最小限に食い止める必要があります。

調査員といっても人間ですので、生理現象でトイレに行きたくなることもありますので、調査員が2人いれば、1人が対象者を見張って、もう1人がトイレに行くことができます。

また、調査員が1人の場合、面取りと尾行の両方をしなければならなく、対象者にバレてしまうリスクが高まります。というのも、面取りは対象者に近づく必要があって、尾行がバレてしまう危険性が高い瞬間だからです。

しかし、調査員が2人いれば、1人が面取りして、もう一方が尾行に徹して仕事を分担できますので、対象者にバレるリスクも下がります。

つまり、浮気調査を成功率を上げるためには最低2名の調査員が必要、ということです。

実際、探偵社の多くは、最低の調査員の人数を2名〜3名で設定していて、1人の調査では限界があるのです。

比較的な簡単な調査内容であれば1名で張り込みを行うケースもあり、調査員の人数が1名〜調査可能な探偵社もあります。

調査員の増員が必要な場合もある!

調査員2名〜3名が一般的といっても、現場の状況によっては調査員の増員が必要なケースもあります。

そのケースというのは…

  • 対象者が複数いる場合
  • 張り込み場所が複数箇所ある場合
  • 対象者の警戒心が強い場合

です。

対象者が複数いる場合というのは、たとえば、浮気相手の住所や身元が知りたい場合は、対象者(妻)が浮気相手と別れてから対象者と浮気相手の両方を尾行する必要があります。他にも対象者の浮気相手が複数いた場合は、その人数に応じて調査員の人数を増やす必要があるでしょう。

また、張り込み先の建物の出入り口が複数箇所ある場合は、各箇所で張り込みする必要があり、張り込みする箇所の数に応じて増員する場合があります。

そして、対象者の警戒心が強ければ強いほど、周りを見渡しながら行動したり、急に後ろを振り返ったり、常に周りを警戒しながら行動しますので、尾行がバレてしまったり、見失うリスクを回避するためにお、増員して対応するケースがあります。

調査員の水増しをする探偵社には要注意!

私達が調査員の人数を気にしなければいけない理由は、費用の問題もありますが、悪質な探偵社に騙されないためでもあります。

残念ながら、料金を釣り上げるために根拠なく調査員を増やす、調査中連絡なしに増員する、といった探偵社も存在すると言われています。

そういった探偵社に当たらないためには、次のポイントに気をつけましょう。

複数の探偵社に見積もりをしてもらう

もし、調査員の人数や料金に不安があるのであれば、複数の探偵社で見積もりしてもらうことをオススメします。

たとえば、ある探偵社で調査員の人数を一般的よりも多い人数で提示され、100万円という見積もりを出されて納得がいかない場合は、他の探偵社に行って見積もりをしてもらうといいでしょう。もし、複数の探偵社で同じような見積もりであれば、調査内容の難易度が高くて妥当な人数だったと考えられますし、全く異なる見積もりの場合は水増しされていたことが判明します。

ここで重要なのは、他の探偵社で見積もりしてもらったことは伏せておくことです。同じ条件でなければ比較にならないからです。

調査員の人数をどれくらいにするか、探偵社によって方針は異なりますが、大きくブレることはないですので、もし調査員の人数に納得がいかない場合は複数の探偵社に見積もりしてもらいましょう。

調査員を増員する際に連絡を取ってくれるか確認する

調査中、自分の知らないところで勝手に増員されて後から高額な追加料金をされるのは絶対に防ぎたいですよね。

実際、国民センターに寄せられる相談の中には、高額な追加料金に関するトラブルも含まれていて、調査中の連絡はトラブルを未然に防ぐという意味では重要な点です。

なので、調査中に勝手に増員されないよう、増員する際に連絡を取ってくれるか事前に確認しておきましょう。

ちなみに、東京探偵社ALGやAMUSUなどの探偵社は、リアルタイム報告サービスが導入されていて、調査中でも調査員と直接連絡が取り合えます。

意外とこういった探偵社は少なく、安心して浮気結果を待ちたい場合はオススメです◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です