浮気相手の名前や住所を調べる方法|妻をそそのかした奴はどこの誰だ!

浮気相手に謝罪を求めたり、慰謝料を請求するためには、基本的に相手の名前と住所が必要です。それらの情報がなければ内容証明郵便も送れません。

では、いくら浮気の証拠があったとしても、浮気相手の情報がなければ泣き寝入りなのでしょうか。

いえ、そんなことはありません!

本記事では、ケースごとに分けて浮気相手の名前や住所を調べる方法をご紹介します。

妻の浮気をしっかりと精算するためにも、浮気相手の特定しておきましょう!

すでに浮気の証拠がある場合

まずは、浮気の証拠を既に持っている場合、浮気相手の名前や住所を調べる方法です。

妻が協力的なら

既に浮気の証拠があって、妻も浮気を認めていて協力的であれば、妻から直接聞き出すのが一番手っ取り早いですね。

ただ、妻からすると、自分のせいで浮気相手に迷惑をかけるのは避けたいですし、相手の個人情報を隠そうとする妻が多いのが現実です。もしかすると、自宅には行ったことはなくて最寄りの駅しかしらないケースもありますし、「出会い系で知り合った相手だからよくわからない」なんて嘘をつく人も多いようです。

素直で正直な妻であれば教えてくれるかもしれませんが、実際問題、この方法はあまり現実的ではありまsねn。

浮気相手の電話番号・メールアドレスがわかるなら

もし、浮気相手の電話番号・メールアドレスを分かるのであれば、弁護士照会を活用するといいでしょう。

弁護士は、弁護士が職務を円滑に行うために、個人情報などを官公庁、企業などへ問い合わせて確かめることができます。

これは誰でもかれでも利用できるわけではなく、弁護士へ依頼している正当な理由がなければなりません。ここで言うと、「妻の浮気相手への慰謝料請求のため」といった理由になります。

そして、電話番号やメールアドレスが分かれば、各携帯会社へ弁護士照会を行い、浮気相手の名前や住所を特定することができます。

しかし、ここで注意しておきたいのは、浮気相手のキャリアがDocomo、auの場合に限ります。残念ながら、ソフトバンクの場合ですと、個人情報保護を理由にして回答してくれません。

また、浮気相手の番号やメールアドレスが変えられた場合、直後であればまだ個人情報を調べることができますが、時間が経ってしまうと調べることができなくなります。

浮気の証拠がない場合

繰り返しになりますが、弁護士照会には正当な理由が必要です。

「妻が浮気してるかもしれない!だから、浮気相手の名前と住所を調べてください!」といった、浮気疑惑の段階で調べてくれるわけではありません。

つまり、弁護士照会を使うためには、浮気の証拠と浮気相手の手がかり(電話番号やメールアドレスなど)が最低限必要だということです。

もし、浮気相手の情報と浮気の証拠がない場合は探偵の力を借りるといいでしょう。

弁護士は何かしら相手の手がかり(個人情報)がなければ調べることができませんが、探偵はそういった情報がなくても調べることができます。

探偵は、浮気の証拠を取るだけでなく、浮気相手の情報も割り出してくれます。具体的には、尾行と張り込みで、密会の証拠を入手した後、帰宅する奥さんだけでなく、浮気相手にも尾行をつけて自宅をつきとめてくれます。

ここで重要となってくるのが”探偵選び”です。

実力がなくて信頼性に欠ける探偵社を選んでしまうと、証拠は取れたけど、肝心の浮気相手がどこの誰かわからない、なんてことにもなりかねません。また、オートロックのマンションの中に不法侵入して住所を突き止めるような違法な調査方法を行うところもあります。

そして、探偵社が違法な調査が行った場合、あなたが罪に問われることもあります。

浮気の証拠集めと浮気相手の情報収集を探偵に依頼するのであれば、合法的な調査方法でも結果が出せる信頼できる探偵社を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です